妊娠初期の心得

妊娠初期の心得

妊娠初期の心得は、初めての妊娠なら特に不安の連続でしょうから、しっかりと学んでおくことが大事です。
妊娠初期はつわりがとても辛い時期だと思います。場合によっては入院してしまうような人もいるくらいです。食べ物の匂いを嗅ぐだけで吐いてしまったり、何も食べられないのに空腹だと気持ちが悪くなったりします。つわりの時期は外出するのも不安な人が多いと思います。
匂いに敏感に反応してしまうからです。
妊娠初期の心得として、つわりが辛い時には無理せずに食べれそうなものを食べることにしましょう。赤ちゃんの栄養も気になると思いますが、初期の段階ではそれほど神経質に考えなくても大丈夫です。まずは自分の体力が極端に落ちないように、食べたいものを少量づつ口にするなどしましょう。

 

規則正しい生活を心掛けないといけません。妊娠初期は流産の危険性もあるので、無理は禁物となります。
仕事をしている人はまわりの協力も得ながら程ほどに業務をこなしましょう。貧血や便秘など妊娠の影響も出てくると思いますので、おかしいと感じたら自分で判断せずお医者さんに相談することも大事です。

 

>トップに戻る

妊娠初期の心得関連ページ

妻の妊娠に気をつけること
妻の妊娠に気をつけることについてについて解説します。